育成医療

[概要]

18歳未満の子どもで生まれつき身体に障害がある、または生まれつきの障害や病気を放置すると将来において身体に障害を残すと認められる場合で、手術などを行うことにより、治癒または障害が軽減されると医師が判定した時にその医療費を公費で負担する制度です。

[支給内容]

世帯の収入(市民税額等)に応じた自己負担金が必要です。
(この自己負担額については、安城市の他の医療制度の補助を受けられる場合があります。)

[対象者]

満18歳未満の方で育成医療を必要とする方

[申請できる人]

対象となる児童の保護者

[申請期日]

随時(事前申請が原則です)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく