児童扶養手当

[概要]

児童扶養手当とは、ひとり親家庭などの生活の安定と自立を助け、お子さんが健やかに育つために役立てていただくよう支給される手当です。
お子さんが18歳以下(18歳に達した日以後最初の3月31日まで、法令で定める障害の状態にある場合は20歳になるまで)支給されます。

[支給内容]

所得状況や対象となるお子さんの人数によって手当額が異なります。
(4月、8月、12月に、前月までの4か月分をまとめて支給)

手当額について詳しくは、下記のリンク先ページをご覧ください。
「児童扶養手当」の手当額(全国版子育てタウンサイト)
※児童扶養手当は、物価の変動に応じて年度ごとに、手当額が改定される場合があります。

[対象者]

次のいずれかの条件に当てはまるお子さんを監護・養育している母、父または養育者
※お子さんが18歳になって以降、最初の年度末まで(心身に一定の障害がある方は、20歳の誕生日の前日まで)が支給対象
●父母が離婚したお子さん
●父または母が死亡したお子さん
●父または母が一定の障害の状態にあるお子さん
●父または母の生死が明らかでないお子さん
●父または母から1年以上遺棄されているお子さん
●父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けたお子さん
●父または母が引き続き1年以上拘禁されているお子さん
●婚姻によらないで生まれたお子さん

ただし、次のような場合は手当の支給は受けられません。
1.お子さんが児童福祉施設(母子生活支援施設、通所施設は除く)などに入所しているとき
2.お子さんが父又は母の配偶者(内縁関係も含む)に養育されているとき

[申請できる人]

対象となるお子さんの父又は母、父母ともにいない場合は、祖父、祖母兄弟姉妹などの養育者になる方
必ず申請者ご本人が窓口お越しください。

[申請期日]

事前確認を行い、制度の説明をしております。

[手続きなど詳しくは]

「児童扶養手当(安城市サイト)」をご覧ください。

児童扶養手当(安城市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく