わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

子育てのための施設等利用給付認定(新1号・新2号・新3号)

[概要]

子ども子育て支援新制度に移行していない幼稚園(私学助成の幼稚園)や認可外の保育施設、幼稚園の預かり保育や一時保育などの利用料について、「幼児教育・保育の無償化」による助成を受けるには、お子さんの年齢や世帯の課税状況、保育の必要性などに応じて、「施設等利用給付」の認定を受ける必要があります。

<対象となるお子さん>
●新1号認定:幼稚園(新制度園を除く)を利用する、満3歳以上のお子さん
●新2号認定:保育が必要な理由に該当する、3歳児クラス(年少)から5歳児クラス(年長)のお子さん
●新3号認定:保育が必要な理由に該当する、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスのお子さん

<無償化の対象施設・サービス>
●新1号認定:基本の保育料のみ
・私学助成の幼稚園
・国立大学附属幼稚園
・特別支援学校幼稚部
●新2号・新3号認定:基本の保育料と預かり保育などの利用料
・私学助成の幼稚園等
・新制度の幼稚園・認定こども園(幼稚園枠)(注1)
・認可外保育施設
・一時保育
・預かり保育
・病児・病後児保育
・ファミリー・サポート・センター

【注1】基本の保育料については、教育・保育給付認定(1号)により無料になります。詳しくは下記のリンク先ページをご覧ください。

幼児教育・保育の無償化について詳しくはこちら

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく